雷坊主

お笑いが好きなだけ

私にとってのM-1

 

私にとってのM-1

それは、M-1グランプリ2015。去年のM-1なんです。今年ももう終わるのに、2016も終わって20日経ちますけど、なんか今更感ありますけど、すごい書きたくなりました。

 

私がお笑い好きの道に足を踏み入れる原因を作ったのはM-1グランプリ2015でした。たまたま録画してあったのを見たら、面白いのなんのって。お腹割れるくらい笑って、家族にドン引きされてました。しかも、面白いだけじゃない。3000以上のコンビの中から選ばれた9組が競い合う。そこらへんのスポーツ大会よりも白熱してるような気がして、人生かけているような気がして、かっこいいなって思いました。

元々、オタク気質だった私がお笑いにはまるのに時間はかからず。ジャルジャルとかアキナとか和牛とかスーマラとか、応援したいコンビも見つけることができましたし。お笑いを好きになって、大袈裟かもしれませんけど、生きるのが楽しくなりました。幸せなときに『笑う』じゃないですか。逆に、『笑う』と幸せになれたんですよね。お笑いは、私の生きがいになりました。

そこから私は、何かに取り憑かれたかのように録画してあるM-1を見だしたんです。ほんと、1日1回は必ず見てました。どうしても見たくなるんですよね、芸人さんのかっこいい姿を。正直、死ぬほど見てるとネタを覚えて笑えなくはなるんですよ。セリフも言えちゃうくらい見たので。でも、飽きない。私の中のヒーローのような存在が、戦ってる姿は本当にかっこよくて。この人達のおかげで、今の私はいるんだ、みたいなテンションでした。

そのせいで、私のM-1に対する時はピタリと止まってしまってました。予選が行われていても、なんかM-1って感じがなくて。違う、よく似た漫才の大会が行われるみたいな、変な感覚でいました。でも、日が経つにつれて予選に残っているコンビの数も減っていって。宣伝も流れ始めてて。『M-1もうすぐ!』みたいなのを見るたんびに、「もう終わってるのにな」って、本当に思ってました。

そしていよいよ決戦当日。敗者復活で大いに笑って、本線。個人的にアキナを推していたのでそれこそドキドキしながら見ていました。でも、心のどこかで去年のがちらついていて。メイプルいない、馬鹿よいない、和牛いない、ジャルいない、タイマいない、って。鯖スーツの人は?って。セットの色なんか違うって。時止まりすぎですよね、私。笑

とにかく去年の大会に固執していた私は、アキナのネタを披露するまで本当にこれがM-1だなんて思えませんでした。

でも、アキナがネタを披露してからは、もうそれはそれは。「あ、M-1だ。」って、自然にそう思いました。ネタも勿論めちゃくちゃ面白くて、優勝だよって思うくらいでした。けど、それよりも、闘っていた姿。これがM-1でした。かっこよかった。全然、ネタのタイプもビジュアルも違うのに、メイプルと重なりました。トップバッターの背中みたいな(実際見えてませんけどね)ものが。そこからはもう頭に去年のことはちらつきませんでした。そりゃ、銀シャリとかスーマラとか見たら思い出しますよ?でも、今年の大会をきちんと『M-1グランプリ2016』だと思えました。おかしな話なんですけどね。笑

 

私の中のM-1は2015です。それは、これからもずっとそうだと思います。でも、それは一番印象に残っているだけであって、他のものが認められないというわけではありません(当たり前ですが)。

 

もうすでに、来年が楽しみで仕方がありません。日本は平和ですよね。こんな面白い人たちが沢山いるんですから。

M-1グランプリ 2016 感想-②

 

M-1グランプリ 2016 感想 - 雷坊主

 

この感想の続きとなっております。

 

最終決戦。もう、どのコンビが優勝でもいい!(とか言いつつ和牛応援)と、思っていました。ということで、3組の感想と、3組の中での個人的順位。

 

スーパーマラドーナ

2位

スーパーマラドーナのあの、再現漫才ではなく、型で言えば普通の漫才をしてきましたね。このネタも、幾度か見たことがありましたが、まさかこれをやるとは。めちゃめちゃ好きなネタですこれ。しかも何年か前よりも、完成度がぐんと上がってる。最終決戦で、フォーマットを変えるのって簡単なようで難しいと思うんです。お客さんや審査員にはまらない可能性もありますし。でも、見事にハマってましたね。スーパーマラドーナの凄さを世に知らしめたなと思います。ネタよし、テンポよし、ボケよし、ツッコミよし、コンビネーションよし。な、最強漫才だと思います。スーパーマラドーナは手数多いので、来年も期待ですね。

 

和牛

1位

応援してるとか抜きで、面白すぎました。和牛の全てが詰まった漫才だと思います。まず1本目から繋がったボケ。去年の屁理屈ネタから繋がった「モメたくない」。そこからまたまた最恐彼氏の強烈なボケに、切れ切れのツッコミ。伏線もうまいこと張られていて、すごいの一言です。これ、優勝いけるんじゃないか?と、マジで思いました。来年、今年を超える漫才を期待しています!

 

銀シャリ

3位

2本目も1本目と同様にしゃべくり漫才。面白かったです。でも、受け量としては個人的に3番目。1本目を超えられていなかった感がありました。けど、前の2組がウケすぎていたのかもしれませんし、流れは銀シャリでしたし、てゆうか銀シャリもだいぶ面白かった(ウケ量の順位を個人的につけたら3番なだけ)ですし、銀シャリ優勝は嬉しかった!おめでとう!銀シャリの時代が来ましたね。自分たちのスタイルを貫いて、大阪で地道に頑張ってきた銀シャリ。本当に、おめでとうございます。

 

順位勝手につけましたが、本当にどのコンビが優勝でもよかった。甲乙つけがたい状況で、審査をしてくださっていた審査員5名の皆様。お疲れ様でした、ありがとうございました、大吉先生がかっこよかった。

 

来年のM-1は、どうなるのか。今から楽しみで仕方がありません!

 

銀シャリおめでとうございます!!!

M-1グランプリ 2016 感想

 

M-1グランプリ 2016

今年すごかったですね!めちゃめちゃレベルが高かった。全体的に滑っているコンビがいなくてずっと笑いっぱなしでした。トップバッターから敗者復活まで笑いの勢いが凄かった!

ということで、めちゃ個人的な感想と自分的点数とランキングを。

 

アキナ

93点 ( 4位

期待通りに面白かった。マイペースに、自分たち流のテンポでバンバン受けてて凄いなと思いました。なにより、コント師なので演技力が抜群。山名さんの5歳児といい、秋山さんのツッコミお父さんといい、ネタの空気感にマッチしていてめちゃよかった!1つ1つのボケのワードもパンチが効いててハズレがなかったですね。なにより、トップバッターと思えないウケ量。オチで爆笑を取れていたので、なおいいなと思いました。順番が違えば順位は絶対変わっていたでしょう。ということで、割と高め。

 

カミナリ

89点 ( 5位

とにかくインパクトが凄い!石田さんがマナブさんの頭を思い切りどついた瞬間の衝撃といい面白さといい、頭から離れません。あの思い切りと迫力で笑いをかっさらっていきましたね。方言も癖になる、いいアクセントだと思います。いやー、今年もダークホース枠強し!

 

相席スタート

84点 ( 8位

相席スタートは、掴みのところの「野球」について全然わからない私にはハマりませんでした。ただ、ネタのクオリティが高い!とても綺麗だな、と思いました。ケイさんに目が行きがちですが、山添さんも上手ですよね。来年あたりに期待したいです!あと、はじめと終わりがお洒落でした。笑

 

銀シャリ

96点 ( 1位

 出ました銀シャリ!今年もやってくれましたね。銀シャリお得意のおしゃべり漫才。ずっと笑いっぱなしで、個人的には銀シャリの中の最強漫才だと思いました。とにかくうけてた。こんなにも正統派の漫才で、あんなにもウケを取れる銀シャリは流石の一言。今までツッコミの橋本さんが一人走っているイメージがありましたが、今回の漫才は鰻さんのボケもめちゃめちゃ面白い!ツッコミのワードはいつも通り凄いのに、ボケの面白さがそれにきちんとついてこれていたので、綺麗にまとまっていると思いました。文句なしの1番です!

 

スリムクラブ

82点 ( 9位

銀シャリのあと、その状況を利用して笑いを取るか、空気に押されるか。残念ながら、後者のように思えました。2010年のM-1、DVDでつい最近みました。スリムクラブというコンビの存在はよく知っていましたが、それでもインパクトがすごかった。テンポ遅い!それが面白いって何事よ!?って思いました。それに比べて、今年はテンポが早いような気がします。緊張のせいでしょうか?といってもアップテンポではないので、中途半端なスロー感が、今回空気に飲まれた原因だと思います。

 

ハライチ

87点 ( 6位

得意の、というか、ハライチにしかできないノリボケ漫才を封印して挑んできましたね。昨年もそうでしたが、緊張のせいかあまりウケずに得点も伸びませんでした。が、今年は違う!単純に面白い。澤部さんのノリの良さを生かした、オーソドックスだけどハライチにしかできない漫才でしたね。勇者勇者澤部はめちゃツボです。笑 ネタを書いているのが岩井さんと知っていても、いつも驚いてしまいます。岩井さんは澤部さんの使い方をよくわかっていて、頭がいいですよね。やっぱり、売れっ子なのに面白いハライチはずるいです。ただ、後半だれてきているという印象が残ったので、この点数で。

 

スーパーマラドーナ

94点 ( 3位

昨年、私が度肝を抜かされ、お笑い好きの道に足を踏み入れる原因を作ったコンビ。今年も面白い!スーパーマラドーナが得意な「伏線」が今までの中で最大に面白かった。本当に武智さんはネタをつくる天才だと思いました。田中さんのあの強烈なキャラクターを思う存分生かした、スーパーマラドーナにしかできない漫才。素人目からすると、銀シャリと同等レベルの完璧な出来だとも思えました。

 

さらば青春の光

86点 ( 7位

さらばに関しては、「さらばらしい!」の一言ですよね。キングオブコントの数字の単位を羅列させているあの強烈なコントを思い出しました。しかし、初めはすごい面白かったのですが、そこから山がなく、個人的に爆発すべき「キャッツやん!」がハマらなかったこともあり点は低め。コント師の漫才、昨年のジャルジャルみたいでしたよね。ものすごい変化球の漫才。

 

和牛 (敗者復活)

95点 ( 2位

和牛お得意のカップルネタ。ただ、いつもと違う点がひとつ。水田さん演じる最恐彼氏の「屁理屈」が無くなっていました。あの和牛が屁理屈を抜いてきた。それだけで勝負に対する本気さがまじまじと伝わってきました(どのコンビも勿論そうなんですけれど)。実はこのネタ、すでに某動画サイトで見ていたのですが、何回見ても面白い!とにかくツッコミの川西さんが上手すぎる!twitterで、『演じているキャラ(まなみちゃん)のまま華麗にツッコむ川西さんは凄すぎる』という意見を見ました。確かに、言われればそうだと思います。普通はいったん素に戻ってツッコムのに、川西さんの場合はキャラのまま、キャラにあったキレのあるツッコミをしているんですね。ネタをつくる水田さん、ツッコミの川西さん。2人じゃないとできないというのは、こうゆうことなんじゃないでしょうか。

 

ということで、私的順位はこちら。

銀シャリ

② 和牛 ー

スーパーマラドーナ

④ アキナ ↑1

⑤ カミナリ ↑2

⑥ ハライチ ↓1

さらば青春の光 ↓3

相席スタート ↑1

スリムクラブ ↓2

です。(左の矢印は、下の順位からどれだけ動いたかです)

 

2本目については、また後ほど。